黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20171212

クリニックの後ろに昇って来たオリオン座

昨日の夜、犬のタロを連れてウォーキングに出かようとした時、クリニックの建物の後ろにオリオン座がちょうど良い高さに昇ってきていたので写してみました。光害地でもオリオン座だけは目立ちます。犬は寒くなったのか飽きたのか落ち着かなくなったので終了にしました。たった10分くらいの予定外の写真撮影でしたが、疲れたのでウォーキングの距離は短くしようと思ったのですが、犬がぐんぐん引っ張るので結局いつも通り4キロ歩いてきました。風があったので少し寒かったです。そろそろ、どこか郊外に撮影に行きたいと思っていますが、行くとついつい欲張って長い時間ねばって疲れ切ってしまうので、短時間で、ぱぱっと写して帰ってくるような撮影ができればと思っています。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“クリニックの後ろに昇って来たオリオン座” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    こういう日常の星景写真も良いですね。
    今までの私は、どうしても良い星景を撮ろうと、力が入ってしまい、良いロケを探していました。
    でも結局、技量やセンスが無く、イマイチな写真の量産。
    もっと気軽に、気張らずに日常の星を撮ったら良い・・・と、最近、けんちゃ様と話していたばかりです。
    でもやはり暗い空で撮った天の川に憧れてしまいます。
    郊外での撮影、頑張ってください。

  2. kurosu より:

    どんなにシーイングが良くても、一人で郊外に星の撮影には出かけられないので、あまり気張らず日常を写せばよいのではないか、と考えを変えつつあるところでした。
    eclさんはやり尽くした結果、もっと気軽に・・ということですが、私はやれないのでもっと気軽に・・という事で、全然違う話ですね。
    私はいつになっても、機材を使いこなせないで、上達もしないで困ったものです。
    昨日、山道に詳しい方と主人と3人で郊外に撮影に行きました。オリオン座は何とか見えていましたが、ほとんど曇っていました。休日前で、天気が良く、一緒に行く人がいるという条件はなかなかそろいません。気張らずにまたのチャンスを待つようにします。
    ところで、天文ガイドでけんちゃ様の作品を見ましが素晴らしいですね。控えめでやさしい色彩の星雲ですが、にぎやかで華やかです。派手な星雲写真も多い中、とても上品な作品と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ