黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20210328

3日間、いろいろな表情のハルニレの木。

3月20日~22日の間に、4回ハルニレの木を見に行きました。

ハルニレの木は、豊頃町の十勝川河川敷にあり、推定樹齢150年、2つの木が合体して1つになった珍しい木だそうです。枝の広がりが、とても美しいです。

 

●1回目 3月20日 午前中。

雪が解けて水たまりがあり、きれいな氷が残っていました。

 

この木を、後ろ側から見ると、違う木に見えます。

 

水面に映った木。

 

周囲の風景です。

すこしだけ残っていた氷が、きれいでした。

 

この時は天気が良く、風景もきれいでした。

 

一旦、帯広に戻って、六花亭でランチ。

 

●2回目 3月20日 夕方。

 

夕焼け空と一緒に写したかったので、晴れが続いてくれれば、と思っていましたが、薄雲が出て、空は赤く染まりませんでした。

 

 

夕方は、ハクチョウの群れが、次々飛んでいきました。

 

月とハクチョウ。

 

どんどん暗くなってきました。豊頃町の夜景。

 

 

●3回目 3月21日 午前中。

雪が降りました。

 

水たまりが、ハート型?

 

雪が強くなってきました。

 

帯広に戻って、柳月が経営しているトスカチーナでパスタのランチ。

 

●4回目。3月22日 日の出前。

朝4時に、帯広を出ました。朝焼けの空と一緒に写したいと思っていました。

 

着いた時。空のほぼ9割に雲。

 

 

ハクチョウが飛んでくるのが楽しみでした。

 

ハクチョウのV字飛行。40羽。

 

111羽。

 

土手に上がる階段。ずいぶんいたので、帰ることに。

 

昼は、平和園でランチ。

 

夕方の飛行機で、帰りました。

空は、どんどん雲が減ってきていました。この日の夜だったら、星の撮影ができたかもしれません。

やはり、ハルニレの木と天の川の撮影はハードルが高いです。

まあ、毎日ハクチョウの鳴き声を聞いて、リフレッシュになりました。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“3日間、いろいろな表情のハルニレの木。” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    いろんな表情のハルニレの木が撮れて良かったですね。
    特に雪景色は北海道らしくて良い感じです。
    星空撮影の願いは叶わなかったようですが、テーマを持っての帰郷。
    良い旅になったのではないでしょうか。
    わたし的にはジンギスカン(?)が気になったりして(笑)

  2. kurosu より:

    いつもだったら、あっちこっちといろいろ動きたくなるのですが、今回は、ハルニレだけにしてみました。
    自分の思い描いていた天気ではありませんでしたが、毎回いろいろと新鮮な部分もあり、深く感じることもでき、同じところをじっくり味わうのも良いかもしれないと思いました。
    やはり長い時間外にいると、体も冷えてくるし、スタミナが必要になります。
    ジンギスカンはおいしいですよ。(^^)
    いつも、サガリとジンギスカンを頼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ