黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20161215

鬼怒川緑地公園で月の出を待つ

昨日は満月だったので、月の出、そして低空の黄色い月を見に行こうと、鬼怒川緑地公園に行きました。昨日の月の出は、16時26分、16時頃着いて、あたりを見渡してみました。東の空は低空に雲が、でも、所々切れています。

西の空は大部分晴れていました。飛行機?左にゆらゆら光るものがみえました。

雲の切れ間から、月が見えてこないかな・・と待っていましたが、全く見えません。ちょっと薄着だったので寒く、車の中に戻ったり、辺りの景色を写したりしました。

だんだん暗くなってきて、人々も帰っていきます。この頃から急速に暗くなってくるし、また暴走族みたいな車の音が聞こえてきたら嫌なので、月はあきらめて、帰ることにしました。少しも見えなくて残念。

家に帰って、23時ごろ、高く昇った月がクリアに輝いていたので写しました。でも、なんか微妙にぼやける、5DマークⅡは2つあるので、もう1つの方で写してみたら大丈夫。微妙におかしい気がするので、一度点検してもらったほうがいいのかな・・と思いましたが、微妙な感じ、修理センターでわかってもらえるかな・・と心配、だけど近いうち点検してもらおうと思います。

昨日は、低空の黄色い月を写したかったのですが、こんな感じで目的は達成できませんでした。今日ならきれいに見えるかも・・。

 

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“鬼怒川緑地公園で月の出を待つ” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    寒い中の撮影、ご苦労様でした。
    上から4枚の写真は、どれも寒さが良く伝わってきます。
    2枚目は金星?夕焼雲と、近くにある霧のような雲のコントラストが良いですね。
    私は月を写す場合はマニュアルフォーカスで、まず星で合わせます。
    その状態で月を導入して写しますので、けっこう手間どります。
    1台の5Dのピントのズレは気になります。
    日食までに完治しないとですね。

  2. kurosu より:

    本当に寒かった。普段着で出かけたのが良くなかったのですが、寒いと作業が雑になってしまうので、今度は暑いくらいの服装で行きます。月の出は見ることはできませんでしたが、久しぶりに郊外に出て、すがすがしい気分でした。
    月を写すのに、まず星で合わせてから写すというのは、それほど望遠鏡レンズのピント合わせは難しいのですね。ますます精密な作業が必要そう。
    5Dはさっそく修理に出しました。ぴっちり治ってくることを願って。
    eclさんは順調に快方に向かっているでしょうか。すっきり治ることをお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ