黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20201023

奥日光で星空、紅葉撮影

21日(水曜日)の天気予報は快晴だったので、星空撮影に奥日光に行くことにしました。火曜日、仕事が終わって、急いで夕食をとって、9時になんとか寝て。1時に起きて出発する予定でしたが、起きられず、2時過ぎに出発。4時13分が薄明開始時刻なので、気になりながら運転。

 

戦場ヶ原には、3時半過ぎに着きました。真っ暗な駐車場に、かなりの数の車がありました。星を見る人、早朝の戦場ヶ原の紅葉を見るために車の中で待っている人、鳥の撮影が目的な人など様々な感じでした。

 

久しぶりにきれいな星空で、プラネタリウムを見ているようでした。

5D4。24㎜。

 

5D4 24㎜(トリミング)。

 

沈む火星。

 

天体用に改造したカメラ5D2を使ってみました。24㎜(トリミング)。

赤い領域も写って、通常のカメラで写すより華やか。

 

 

5D4 魚眼8㎜。この時には、薄明開始時刻は過ぎていました。

Lee№1のソフトフィルターを付けてみました。

 

3時40分までの50分間、星撮影を楽しみました。

 

その後は、車の中で朝まで寝ることに。外の気温は-3℃。ジムニーの中で、気持ちよく寝ました。

早朝は鳥撮影の人が、さっそく活動を開始していました。

 

朝起きて、戦場ヶ原を散歩。霜が降りていました。

 

湯ノ湖に移動。紅葉が見頃。

 

水面に浮かんでいる落ち葉が、鳥の姿のように見えました。

 

こっちの落ち葉はチョウのような、昆虫に見えました。

 

カワウ。(夫が撮影)

 

平日なのに、朝8時頃には、湯元温泉の駐車場が車でいっぱいになっていました。日曜日は、どんなに混むことか・・。

 

昼くらいまで、奥日光の紅葉を楽しんできても良かったのですが、車の免許の更新に行かなければならないこともあり、朝、帰りました。宇都宮に着いたら、現実の世界に戻ってしまったような、奥日光が別の世界だったとような・・。

 

今回は、久しぶりなので、良い風景の星景写真を目指すというより、練習というような感覚でした。

やはり、星の撮影は、暗くて落ち着かないし準備がやりにくいので、そこに労力をかけないように、荷物をわかりやすく車に積んで、さっと撮影できる体制にしておくことが大切と思いました。また、目的を1~2個くらいにして、丁寧に写して、さっとやめてくるのが良いのかも。

 

今度は、天体用5D2を使うために、どこかに行きたい気がしますが、体力的に疲れるので、いつになるか・・。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“奥日光で星空、紅葉撮影” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    戦場ヶ原で星撮り、お疲れさまでした。
    ウィークデーなのに混んでいるとは、さすが星撮りのメッカ。
    それにしても全ての写真が素晴らしいです。
    5D2にはバーナードルーフは勿論、エンゼルフィッシュ、バラ、クリスマスツリー付近も写っている。
    改造して正解でしたね。
    全天画像には天の川とクロスする黄道光も写っていて、空の暗さが窺えます。
    奥日光の紅葉写真も素晴らしい。
    湯ノ湖でしょうか?
    なにか、行った気分になりました。

  2. kurosu より:

    ありがとうございます。
    戦場ヶ原は、いろは坂を越えなければいけないので、行くのがなかなかたいへんですが、人が来る場所なので、安心して撮影に集中でき、助かります。
    いつも同じような写真になってしまいますが。
    オリオン座にふわっと大きくかぶさっているような赤色は、バーナードループと言うんですね。
    バラ星雲以外は、名前や場所がわからなかったので調べてみました。
    エンゼルフィッシュもクリスマスツリーの場所もわかりました。この領域は星雲も華やかなものが多いのですね。大きく写してみたくなりますが、そこのハードルは高いですので、徐々に大きくなっていくといいのですが。
    紅葉の写真は湯ノ湖です。今頃、恐ろしい混み方になっているに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ