黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20200329

いろいろなお祝い。

今年は次男の大学受験があり、「受験を応援することとは、どういうことなのか?」と考えさせられました。

やはり、本人の第一志望の学校の合格を信じて願いつづけること、その先のことは発表があってから考えればよい(日食観測と同じ)との結論になりました。

でも、その気持ちを持ち続けることは大変なことで、散歩コースの途中にある神社にお願いに立ち寄ったり、いてもたってもいられず次男の予備校の寮の部屋の掃除に行ったり、住むところの合格前予約をしたりしていました。

 

うれしいことに、第一志望の大学に合格することができました。

そこで、お祝いのケーキパーティーをすることに。嬉しいことは何度お祝いしても良いか、ということで、

 

まず1回目。

クリニックの職員で。次男だけでなく、職員の息子さんも第一志望の大学に合格したため、職員でお祝いをしました。(本人たちはいないのに。)

25センチ大の四角いミルフィーユのようなフルーツのケーキです。

 

2回目。これは家族で。

長男の誕生日とあわせて2段ケーキでお祝いをしました。

長男は今度美大の4年生になりますが、脱力系のかわいいイラストを描いて楽しませてくれます。

 

3回目。

私の友人で、とても優秀な学校の先生がいるのですが、子どもたち全員、合宿のようにして勉強の指導をしていただきました。

すでに立派なポジションにあるのですが、さらにやりたいことがあり、都内の大学の特別支援学校の募集に応募して選ばれました。

そのこととあわせてお祝いです。

ついでに、姉が持ってきてくれたイチゴ大福。

 

さすがに、こんなにお祝いをしたら、もうお祝いをする事柄がなくなりました。

そろそろ長い春休みも終わって、みんな学校に行ってほしいような、この嬉しい時が終わらないでほしいような・・。

 

 

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“いろいろなお祝い。” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    甘いものが好きな私にとっては、たまらないブログです。
    お祝い事出でいただくスイーツは、いくつ食べても良いものですよね。
    おめでとうございます。

  2. kurosu より:

    ありがとうございます。
    新型コロナで、何かと制限の多い日々ですが、
    お祝いスイーツで、気持ちの明るくなる時間を過ごしました。
    どれも美味しかったのですが、特に、2段ケーキが
    美味しくて、大きなカットをペロッと食べてしまいました。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ