黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20191217

12月26日の部分日食のシュミレーション

12月26日の午後、日本では部分日食が見られます。でも、木曜日の午後で、仕事の日なので撮影には出かけられません。クリニックの窓からは見えるかな?と思って、昨日、3階の窓から外を覗いてみたところ、ちょうど方向的に大丈夫そうな感じでした。それで、太陽の移動する位置をチェックしてみました。

 

窓からの風景。14時55分。日食が始まる時刻の約30分後の太陽の位置。

 

時々、様子を見て、太陽の位置と時刻をメモしました。

気づいたら夕方になりました。17時15分。日食はとっくに終わっている時間です。

 

メモしていた太陽の位置から、こういう感じに太陽は動いていくのでは、と、大体の予想。

 

望遠で、まず太陽。黒点がありません。OMD EM1Ⅱ 35ミリ換算840ミリ。

 

フィルターを外して、日没近く。

 

こんな感じに沈んでいきました。

 

シュミレーション。

 

クリニックの小さな窓からなので、構図にも制約がありますが、建物には隠れないで、見ることができそうです。

沈むときは、フィルターを外して、パックマンのような黄色い太陽を写すことができるといいな‥と、思いました。

当日、晴れてくれればよいのですが・・。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“12月26日の部分日食のシュミレーション” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    いよいよ今年3回目の日食ですね。
    現時点のGPV予報からは全国的に微妙。
    太陽高度が低いだけに、どうなることか。
    私は、恐らく午後、仕事を休んでGPVと睨めっこしているかもしれません(笑)
    なんで主だった天文現象って冬に多いんだろう?
    辛い日本海側です(涙)

  2. kurosu より:

    今年3回目とは、多いですね。
    1月にあったこと、ずいぶん前なので忘れていました。あの時は寒かった・・。
    今回は、手持ちの望遠で、1ショットでも撮れればいいか‥と思っていたのですが、
    少し欲が出てきてしまいました。
    冬は晴れやすい栃木でも、天気は心配です。
    シュミレーションはしたものの、どのくらい違うものになるか、それとも、近いものになるのか、楽しみです。
    新潟での日食観測のブログアップ、楽しみにしています。どんなことがあるでしょうね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ