黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20190620

金属の筒から出てきた鳥

昨日の午後、マクドナルドでくつろぎながら外を眺めていたら、電柱についている金属の筒に、鳥が行ったり来たりしていました。出てくるところを、OMDのプロキャプチャーモードで写して、タイムラプス動画にしてみました。もっと枚数を多く設定しておけばよかった。とても短い動画です。

 

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“金属の筒から出てきた鳥” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    少し余裕が生まれましたでしょうか?
    日食遠征は、前回の失敗をリベンジしつつ、少し高い目標を設定したりするから、自分自身のプレッシャーに負けそうになりますよね。
    そこに加えて留守中の仕事や用件も終わらせなければならないし。
    出発するまで心が折れそうになりますが、その代わり、綺麗な皆既が見られて、帰ってくるとこは爽快な気分で帰国できます。
    こうやって準備を終えて少し余裕ができて良かったじゃないですか。
    私は仕事をこなすのに朝早くから夜遅くまで動いているのでクタクタですが、全く手つかず。
    来週は余暇を全て準備に費やそうかと考えています。
    最悪、眼視で見られれば良いや~って気軽に考えるのも手かも・・・って思えてきました。

  2. kurosu より:

    ecl様
    早めに準備に取り掛かったため、やっと気持ちに余裕が出てきました。
    でもまだ持っていくかどうか迷っているものもあります。
    今回は新しい撮影へのチャレンジは、ほとんどなく、前回ほど練習はしていませんが、
    目標は、①眼視をすること②カメラの撮影を1つも失敗しない(難しい・・)、ということで、いかに冷静に保つか・・ということを心掛けたいと思っています。
    さすがに準備しているときは、大変すぎて心が折れそうでした。
    こういう気分は、私だけではないのですね。
    たぶん私の場合、心の奥底では、皆既を見ることがあまりに大きなことで、準備をしながら、ぐったりしてしまったのかもしれません。
    本当は、眼視だけというのが一番心に残るのではないかと思っているのですが、どうしても撮影をしないという選択はできないです。
    eclさんは体力があるので、準備は直前で整うと思いますが、というか、なんとしても、整えるでしょう。
    当日はさわやかに出発したいですね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ