黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20170418

木星

今日はシーイングが良く、木星もきれいに輝いていたので、無謀にも写してみることにしました。35㎜換算1344㎜でどの程度に写るのか、せめて少しでも縞模様が見えたら・・と期待して、先ほどクリニックの屋上でチャレンジしてみました。ポタ赤は太陽撮影モードのままになっていましたが、こんな感じに写りました。かなりトリミングしたら、縞が写っている!!とてもうれしいです。ISO100 1/200 kissx6i

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“木星” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    お~素晴らしい。
    最近の天体写真の世界では、動画を使うことが主流になっていますが、十分に良い写真が撮れましたね。
    107FLはとても良いレンズのようです。
    もう暫らく、木星の視直径は大きいので楽しめますし、6/15には土星が衝を迎えますのでチャレンジされて下さい。
    カッシーニの間隙は楽勝でしょう。

  2. kurosu より:

    BORGによって、今まで小さすぎて写せなかったものも何とか写せるものが出てきましたが、木星はまだまだ点のように小さかったです。より鮮明に・・なんてどんどん欲が出て、望遠鏡のサイズも大きくなっていくのかな、なんて思いました。
    ちょっと息抜きに写してみて、木星らしく写ったのでよかったのですが、今の課題の太陽の極軸のずれは、今日も解決できず、不調。
    6月に土星も狙ってみたいと思います。カッシーニの間隙が写ったら嬉しいでしょうね。
    その頃にはBORGも使い慣れているように、今、頑張る時ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ