黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20181019

昨日の太陽と身近な生き物

昨日は午前中、ちょっとの間、晴れていました。太陽を写してみました。ちょっと薄雲がありましたが。

 

ISO200 f8.0 1/160 OM-D  キャノン100-400㎜(400㎜)+1.4エクステンダー 35㎜換算 1120㎜です。ND100000

 

2倍デジタルテレコンで2240㎜ 黒点が無くてさびしい・・。

 

今日の家の裏のフクラスズメの幼虫です。激しく威嚇されました。

 

カマキリがいました。今年初めて見たカマキリです。

 

いつも何かいるわけではないので、今日は生き物に出会えてよかったです。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“昨日の太陽と身近な生き物” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    望遠レンズをお使いということはBORGは戻ってきていないということでしょうか。
    それにしても、ず~っとノッペラボウな太陽が続きますね。
    写真的にも寂しいし、何よりもピント合わせが難しくなる。
    太陽活動サイクル25が、普段通りに戻ってほしいものです。
    カマキリの忍び足、ほのぼのですね。

  2. kurosu より:

    そうなんです。BORG、まだなんです。たまに電話して修理状況をきいているのですが、もうそろそろだと思います。
    でも、今は、疲れやすいのと忙しいことから、遅いくらいでいいので、ゆっくり待っています。
    最近、長年使って愛着があった5D2を天体用に改造しました。といっても、何から撮ろうか・・という感じ。月を暗めに撮ったら茶色い。皆既月食みたいな色に写るんですね。
    フクラスズメ、カマキリと、家のうらのあの場所には奇妙な生き物が潜んでいる事が分かり、昨日は、ぬしのような、大きな蛙が・・。こぶし大はあり怪獣のようでした。(^^)
    上手に写真は撮れませんでしたが、後ほどアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ