黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20180319

久しぶりの星空撮影

一昨日は、休日前だったので星を写しに行きました。疲れていたので、そんなに遠くない芳賀町の農道に車を止めました。晴れてはいましたが、空はかすんでいて光害も強かったです。なので、星はあまり写らないと思いましたが、5D4に慣れるための練習です。

 

木星とてんびん座 ISO6400 f3.2 6.8秒 24㎜  

 

木星 てんびん座 スピカ からず座  ISO5000 f3.5  6秒  24㎜ ソフトフィルター

 

しし座 ISO5000  f3.5 14秒  24㎜ ソフトフィルター 

 

北斗七星 ISO6400 f3.2  10秒  24㎜ ソフトフィルター

 

7年間使った5D2と比べると、いろいろと新しい機能がついていて、多方面で性能が良くなっています。星の撮影では、液晶画面に見やすい水準器が表示できる事、使いやすいタッチパネル、高感度に強くなりISOをあまり気にせず使う事が出来るようになったことが嬉しい変化です。

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“久しぶりの星空撮影” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    5D4良いですね。
    高感度ノイズも少なく、画素数も多いので、星撮りには持って来いかもしれません。
    一番の効能は日食写真の高解像化かな。
    BORG107FLとの秀作に期待しています。

  2. kurosu より:

    まだまだ日食は先の事ですが、最近、何回か5D4で太陽の撮影をしました。黒点が無く、シーイングも悪かったため、ピントの山が掴みにくく、すごく大変でした。撮った太陽の写真は、辺縁が毛羽立ったひどいものでした。カメラのせいではありませんが、こんなに太陽の撮影って難しかったかな??と思いました。
    高解像化は本当にきちんとした写真を撮った時に良さを発揮してくれると思いますが、今の時点では微妙なブレ、ボケの写真ばかり撮ってしまい、カメラになじむのにはもう少し時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ