黒須瑞枝のブログTreasure hunt in nature
-あちらこちら宝探し-

20170805

アメリカ皆既日食最終準備

2週間後、アメリカの皆既日食観測にいよいよ出発します。梅雨の時期からほとんど晴れないため、屋外で練習することは少なく、計画表を作ったり、部分的な練習を室内でする日々でした。今回は赤道儀を使っての撮影に初チャレンジするため、いくら準備をしても落ち着かなくて、好きな昆虫撮影もする気になれません。昨日、クリニックの3階の窓にセミが来てくれて癒されました。

日食撮影計画は、広角、魚眼、BORGの3つを予定していましたが、仕事で使っているkissx50というカメラがあるのでこれも活用することにして、今回は4つの撮影をすることに決めました。kissx50で35ミリ換算300㎜くらいの望遠で写そうと考えています。このカメラは連写速度が遅いので、JPEGだけの撮影にします。

 

2分19秒で4つのカメラを扱う事はとても難しいです。パソコン制御で自動撮影というのも最近あるそうですが、そういうのは、学ぶのに時間がかかりそうで使いこなせません。レリーズを使って手動でシャッター速度を変えることにしました。同時並行で2つのカメラを動かすので、無駄な動きをしないためにうちわでレリーズを置く台を作りました。

スーツケース2つ分、荷物もだいたい詰めました。これから用事が多く、練習はできないと思うので後は本番で頑張ります。

 

プロフィール

●黒須瑞枝(皮膚科医)
●出身地:北海道 
●出身校:獨協医科大学
●趣味:旅行、写真(昆虫、植物、生き物、風景、日食、月食、星空など、自然のものなら何でも)

“アメリカ皆既日食最終準備” への2件のフィードバック

  1. ecl より:

    好きな昆虫撮影も封印されて、準備を完了されましたね。
    さすがです。
    スーツケース2個は、ガボンのとき経験しましたが、けっこう辛いです。
    でも、このブログを拝見して、私も2個にしようと決めました。
    きっと良い画像が入手できると信じて、お互いに頑張りましょう。

  2. kurosu より:

    そうですね、頑張りましょう!
    ガボンの時は空港からバス乗り場まで距離があったり大変でしたね。今回は日食が終わったら、1つのスーツケースは持ち歩く倉庫になると思います。荷物を運ぶときに焦ってどこか体を痛めたりしないようにゆっくり気を付けて運ぶようにしたいと思います。お祭りムードにのまれず、冷静に日食観測にむきあってきたいと思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ