ホームへ戻る
クリニック紹介
スタッフ紹介
診療科目の紹介
ホームケア製品
メディカルエステ
料金表
アクセスのご案内
お問い合わせ



美容皮膚科
美肌 若返り よみがえる!美肌
 レーザー・光などの機器をつかってきれいな質感のお肌にととのえます。

    しみ、そばかすを薄くする
    きめを整え、透明感のあるお肌にする
    皮膚のコラーゲン線維を増やしハリ、小じわを改善
    顔のあかみ改善
    毛穴引き締め、ニキビあとの凹凸軽減
    肌の質感改善

 ◎スターラックスフォト・・・(しみ・そばかす・くすみに)
 ◎ジェネシス・・・・・・・・・・(あかみ・くろみ・うるおいアップに)
 ◎タイタン・・・・・・・・・・・・(フェイスラインひきしめ・たるみに)
 ◎フラクショナルレーザー・・(こじわ・ハリ・毛穴の開き・ニキビ痕に)
しみ、そばかす、いぼ、ほくろ、毛細血管拡張 あきらめないで!しみ そばかす
 しみ、いぼ、ほくろ、あかみ・・・顔・首・体に気になる「邪魔者」はいませんか?取れないものとあきらめていませんか?
 最新のレーザー機器なら、きれいに治療する方法があリます!
 しみの種類で治療法は異なります!

◎紫外線に注意!紫外線によって、しみは出やすくなる、あるいは濃くなります。20代後半からは、紫外線対策(日焼け止めクリームやサンバイザー)と美白用化粧品をおすすめします。
Qスイッチヤグレーザー治療
老人性色素斑
しみの部分のみピンポイントで治療します。
写真(前後写真)           
治療前 1回の治療で6ヶ月後
遅発性両側性太田母斑様色素斑
真皮にあるメラニン色素を壊していきます。
(3〜5回の治療が必要になります)
炭酸ガスレーザー
老人性疣贅(いぼ)
盛り上がったいぼを削り取ります
光治療(スターラックスフォト)
そばかす、細かい老人性色素斑、くすみ、肌の色調を明るく
しみ、そばかす軽減のほか美肌効果もあります
ぬりぐすり ( レチノイン酸ジェル ハイドロキノン軟膏)
大部分のしみに有効
飲みぐすり  トランサミン、ビタミンC、E
肝斑 日焼けによる色素沈着、炎症後色素沈着
ほくろ
 ほくろは子供の頃できることが多く、成長とともに大きくなってくることがあります。濃さや形、大きさはいろいろです。
 皮膚の中では、母斑細胞といわれるほくろの細胞が表皮や真皮に存在し、メラニン色素を作っている状態です。特にもりあがったほくろは母斑細胞が塊状をなして真皮の深くまで存在しているものが多いです。

炭酸ガスレーザーでほくろ(母斑細胞の塊)を削ります

 10日から2週間で傷は治り、治療後はニキビ痕、または水ぼうそうの痕のような感じになり目立たなくなります。
毛細血管拡張、老人性血管腫
 鼻の周りや頬が赤かったり、近くでみると細い血管が浮き出ていることがあります。これは毛細血管拡張症といって、毛細血管が開いてしまった状態です。
 また1〜2ミリくらいのポチッと赤い斑点が首や体に見られるものは、老人性血管腫といいます。加齢でできやすくなります。いずれも赤色に反応するレーザーで治療可能です。

ニキビ
 ニキビは10代男女の80パーセント以上に、多少なりとも見られます。たいていは年齢とともに減ってはきますが、中には40歳ぐらいまで続く人もいます。一度瘢痕(凹凸のあるニキビ跡)ができてしまうと完璧に治すことは難しくなります。炎症がひどくならないうちに抑えることと、ニキビの段階に合った治療をすることが大切です。
■ニキビの進行
 第1段階
 きわめて小さい毛穴の詰まり(微小面ぽう)から始まります。白ニキビ、黒ニキビができてきます。
 第2段階
 たまった皮脂や増殖したニキビ菌から炎症を起こし、赤くはれ上がったニキビになります。
 第3段階
 治った後、あかみや色素沈着が残りますが、徐々に消えていきます。炎症が周囲の組織に広がると、瘢痕(凹凸のあるニキビ跡)が残ることがあります。
■治療
毛穴のつまり、微小面ぽうを取り除く
ディフェリン外用(ぬりぐすり)
レチノイド様作用で表皮の角化を抑え、毛穴の目詰まりをしにくくする、あるいは取り除きます。
ケミカルピーリング
グリコール酸などの薬剤で、角質を薄くして、毛穴の角栓を取り除き、貯留した皮脂を外に排出しやすくします。ニキビあとにも有効です
スキントリートメント(メディカルエステ)
余分な角質を取り除く酵素によるディープクレンジングとイオン導入により、肌に優しく、ニキビのできにくいお肌に整えます。
黒にきびは面ぽう圧出で取り除くことができます。
炎症を抑える
ニキビ菌の感染で赤く炎症をおこしたり、膿がたまります。
抗生物質の飲みぐすり、ぬりぐすりで細菌の増殖を抑えます。
のみぐすり
抗菌薬 ルリッド、ミノマイシンなど 
ビタミンB6、C、ハイチオール
ぬりぐすり
抗菌薬(ダラシン、アクアチムなど)
ニキビあとの対策
腫れがおさまったあと、あかみや色素沈着に、炎症が強く周辺組織にもおよぶと凹凸のある瘢痕が残ります。
あかみや色素沈着は自然に消えていきますが、一部にしみとして定着する場合もあります。
スキントリートメント(メディカルエステ)
イオン導入を中心としたスキントリートメント
凹凸のあるニキビ痕・・・フラクショナルレーザー
いれずみ除去 その 刺青 消せるかも…
 いれずみ、タトゥーにレーザー治療
治療前 7回治療後(3年経過) さらに半年後
刺青の色素はなくなった
炎症後色素沈着がのこる
色素沈着が自然に消える
刺青を入れたときに
すでにつけてしまった
りんかくのきずはのこる
いれずみは自然に消えない! 真皮内に針で色素を注入し絵柄を描いたため、ほぼ永久的に真皮内に固定されます。
Qスイッチヤグレーザーとは
 黒色の色素だけを破壊し、周囲の皮膚を傷つけません。移植など手術で取り除く方法と違って、傷跡が残らないため、目立ちません。
治療は…
 数か月ごとに繰り返してレーザーを照射します。薄いもので2〜3回程度、通常の刺青で6〜10回程度かかります。
レーザー治療は黒色の刺青治療が可能です。
緑、紫、黄色などの多色の刺青はレーザー治療はできません。
刺青を入れるときについた傷は残ります。
眉などのアートメークはレーザー照射により黒く変色する危険性があるため、治療は行っておりません。
医療脱毛 今年こそ、ムダ毛にさよなら!
 うで、ワキ、ひざ下…ムダ毛、気になりませんか?
冬は洋服で隠れるけれど、夏になると毎年、カミソリ、電気シェーバー、ワックス脱毛、毛抜…。面倒ですよね。これらの処理は手間がかかりますし、自己処理を繰り返していると毛穴が黒ずんだり、肌荒れを起こしたり。
 医療脱毛を行うと、その手間がほとんど要らなくなります。

医療脱毛ってどこが違うの  
レーザーまたは光を照射し、毛と毛を産生する基になる部分を破壊して脱毛していきます。肌や毛の太さにあわせて効率よく減らしていきます。
■治療方法
 毛を剃った状態で、ベッドに横になり、光またはレーザーをあてていきます。多少の痛みはありますが、冷やしながら行いますので、がまんできる程度です。両わきで10分程度です。毛周期にあわせて、数回の治療が必要です。
■治療後について
 日焼けの後のようなほてり感があります。毛穴にそったあかみ、腫れが少しでますが、数日でおさまります。
 治療後、毛は10日から3週目くらいまでに自然に抵抗なく抜けていき、すべすべの状態になります。また新たに毛が生えそろったら、2回目の治療となります。
■治療回数
 部位によりますが 1ヵ月から3ヶ月間隔で5〜8回くらいでほぼ満足な効果が得られます。
■使用する機械
 当クリニックでは、2つの種類の機械を使っています。
 【光脱毛】  痛みが軽く、一度に広い範囲の脱毛ができるのが特徴。
         スピーディーであり、広い範囲の脱毛に!。
 【レーザー脱毛】 ひげなど毛根の深い毛に。
 

医療法人 陶生会 黒須クリニック
〒320-0861 宇都宮市西1丁目1-32
 TEL.028-633-2661/FAX.028-635-9079
e-mail:cross-clinic@ee.alles.or.jp

Copyrights(c)2004-2010 cross clinic reserved